老舗洋食レストランで教えてもらった、カルボナーラレシピ

心も身体も元気に!

日曜のランチに、久しぶりにカルボナーラを作りました。

私の作るカルボナーラは、

学生時代にバイトをしていた、老舗洋食レストランのレシピで作っています。

そこのカルボナーラがおいしかったので、店長に教えてもらったのです。

そのレシピを今日は紹介します!

 

と言ったものの

教えてもらったレシピは、

細かくきいたわけではなく

だいたいこんな感じ」と大まかなところだけをきいたので

いろいろ大ざっぱですが、

味の調整が後からでもできるレシピですので

参考にして自分好みに作ってみてください^^

材料(2人分)

  • スパゲティの麺(2人分)
  • 塩(麺を茹でるときと味付けに使う)
  • たまご(2個)
  • 生クリーム(200ml)
  • 粉チーズ(好きな量、味付けメイン)
  • 黒胡椒(あらびきがよい)
  • にんにく(2片)
  • ベーコン(好きな量)
  • 玉ねぎ(だいたい1/4個)
  • ピーマン(1~2個)
  • オリーブオイル(大さじ1くらい)

作り方

①ソース作り

卵(そのままでも黄身だけでも可、お好みで)と生クリームと粉チーズ、塩、黒胡椒をボウルに入れ、泡だて器で合わせておく。

卵は、1個そのまま使うと教わったのですが、私は黄身だけを使うほうが好きなので、そうしています。

ここでのソースの味付けは、粉チーズなので、結構たくさん入れます。

まだ混ぜていませんが、濃い黄色が粉チーズです。

結構入れます。

塩は、茹でるときに結構入れるので、

ここでは、少々しか入れていません。

 

お店では、もちろんスパゲティは熱々で出てきますが

私が最初に作ったカルボナーラは、ぬるいものに・・・

ですので、カルボナーラを作るときは、

卵と生クリームは早めに冷蔵庫から出しておいています。

 

生クリームはたっぷりなので、もうちょっと少なめでも構わないと思います。

だいたい売っているものが200mlなので、使い切っちゃいますが、

この量で3人分くらい使えると思います。

②具材を切る

玉ねぎ、ピーマンは薄く切って、レンジで2分ぐらい加熱しておく。

なんか炒めるだけだと、シャキシャキ感が残っちゃうのですよ、私・・・

なので、レンチンはお好みで。

 

にんにくはみじん切り。

ベーコンは、夫が好きなので、

ブロックベーコンを大きめに切って入れています。

③麺を茹でる

麺を袋に書いてある時間通りに茹でます。

入れる塩の量は、結構多めです。

麺に付く塩の味が、

味の決め手になってきます。

このページが参考になると思います。

cookpad パスタをゆでる時の水と塩の量https://cookpad.com/cooking_basics/8048

④具材を炒める

麺を茹でている間に、具材を炒めます。

フライパンにオリーブオイル、にんにく、ベーコンを入れて中火にかけて炒めます。

ベーコンが好みの炒め具合になったら、玉ねぎ、ピーマンを入れます。

⑤全てを合わせる

麺が茹だったら、麺と具材をソースの中に入れ、混ぜます。

ソースが温かくないので、麺も具材も熱々がいいです。

私は、具材が早めに炒め上がったときは、

麺が茹で上がる頃に、もう一度加熱しています。

完成!!

出来上がったカルボナーラが、こちら♪

ぶっちゃけ、お店のカルボナーラと味は同じではありません(笑)

でもおいしいので、ずっとこの作り方で作っています。

食べてみて味が足りない場合は、粉チーズと塩で調整してくださいね^^

つむ太のパスタ

おまけに・・・

つむ太はカルボナーラは一口も食べてくれませんでした。

(予想はしていましたが^^;)

つむ太が好きなパスタはこちら

アルチェネロのパスタに、このケチャップを「ちょんづけ」

(フライドポテトにケチャップをつけるように)して、食べます。

アルチェネロのパスタは、これは「ファームアニマル」の形が入っています。

他にも、乗り物やアルファベットなどの形のものが売っています。

お店によって売っている種類がちがうので

買いに行って、あったものを買っています。

と、行ってもやっぱりつむ太は乗り物好き↓↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルチェネロ 有機パスタ・のりもの 250g
価格:240円(税込、送料別) (2021/9/12時点)



このケチャップは、着色料・保存料・化学調味料不使用の上、

野菜も入っておいしいです^^

 

そして、アルチェネロの公式HPを見てみたら

パスタレシピがすごくおいしそうで、

パスタ熱が再燃しそうです!

 

それでは!今日もおいしいものを食べて笑顔で^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました